電子小黒板

電子小黒板とは?

黒板情報を電子化したものを「電子小黒板」と言います。従来、工事写真や調査写真撮影の際ホワイトボードに情報を直接書き込み、写真に収めていました。
ホワイトボードは雨天時には屋外調査ができない、記入漏れがあったり光が反射してしまったりと様々な問題がありました。
タブレットで黒板情報を直接入力し撮影することでそういった問題を解決します。

国土交通省営繕工事では、平成29年4月から現場撮影の省力化や写真整理・写真帳管理の効率化および信頼性の確保を図るため、電子小黒板の利用を開始しています。

デジタル工事写真の小黒板電子化 導入状況

電子小黒板3つのメリット

電子小黒板を導入することによって、様々なメリットがあります

でも電子小黒板は不安…

電子小黒板には様々なメリットがある一方で、「電子黒板=画像の編集」「改ざんができるんでしょ?」と不安や疑問に思っている方がおり、発注者に敬遠されるケースも多々あります。
そういった不安点もあり、なかなか電子小黒板の導入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

 


PDFでダウンロード

国土交通省が電子黒板の研究を委託している日本建設情報総合センター(JACIC)から「改ざん検知機能(信憑性確認機能)」を備えた電子小黒板として認証を取得しました。

 

デジタル工事写真 信憑性チェックツール

日本建設情報総合センター(JACIC)が提供する信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載したデジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像について、撮影後不適切な修正が加えられていないか確認するWebブラウザ上で動作するチェックシステム(オンライン版)です。


NETIS登録技術
新技術名称:調査写真撮影用アプリ

NETIS(新技術情報提供システム)とは、民間企業等により開発された新技術に係る情報を、共有及び提供するためのデータベースであり、国土交通省によって運営されています。
(New Technology Information System)の頭文字を取り、ネティスと呼称されています。

令和元年度 経済産業省 商業•サービス競争力強化連携支援事業

このソフトウェアは、中小企業新事業活動促進法(新連携)に基づき、経済産業省の認定を受けた事業計画によって開発したソフトウェアです。


株式会社零スペース《工損高速くん・Hurry®》
事業内容代理店募集メディア掲載情報会社情報お問い合わせ
工損高速クン |  Hurry®
連携企業募集社長ブログスタッフブログリンク更新履歴プライバシーポリシーサイトマップ
© 2020 株式会社 零 SPACE All Rights Reserved.