貼ってはがせるクラックスケール『HurryⓇ』温度によるゲージ幅の試験結果

Posted By on 12月 18, 2016 | 0 comments


測定温度範囲:-6℃~100℃
「変化なし」

PETのガラス転移温度は、80℃前後
それを過ぎると、流動性が増したり、縮んだりするようですが、実測では変化なし。
確実に変化すると思われる温度は、融点である約250℃付近。
それを過ぎれば、確実に溶ける。
また、インクの融点が、(約250℃)より低ければ、インクの融点付近で変化はみられると思われる。

以上測定結果Z3(3桁表示)